最近まで夢や希望を否定していたけど、坐禅して突き抜けてみると、結局悪いことでなければ、どんなに大きな夢でも持って頑張ればいいと思う。

仏教をやると、突き抜けるまではどんどん夢や希望を否定する方向へ向かうものの、最初から夢も持てない人間はつまらない、というか、そんな人間存在しない。

仏教徒の一番の夢は解脱ですが、皆それなりに世俗の世界の夢(目標)を持っているし、夢見る人に「現実を見ろ」と批判している人も、それなりに昇進や昇給を目指しているし、そうではない人人も不正を働かず勝負するという夢を持っていたりする。

私の場合は、まあボチボチコンビニで働ければいいなあ程度の夢と、楽曲制作して後65曲は最低でも作って、YouTubeに載っけて三桁から四桁聴かれればいいや、という夢と、十年ぶりに地元のライブハウスで弾き語りライブをやれれば満足という夢を持っています。

楽曲制作に関しては、機材はそれなりに値が張るものを買って練習しまくって、YouTubeぐらいで最安(ほぼ無料)で提供する形がいい。結局売れる才能持ち合わせていませんし。

とりあえず後三週間チャリンコで脚のリハビリして、作業所で社会復帰のリハビリして、コンビニで働いて音楽やりまくるのが夢。音楽で食うのはあんまり望んでない。

大変そうだしなあ、プロミュージシャン。

宅録と稼がない弾き語りライブ程度が一番だ。

結局芸術ってオナニーだし、オナニーって元々芸術用語だし。

この記事へのコメント